お酒は痩せようとする人の天敵です。

女性がお酒を飲んで耳たぶを赤らめ饒舌になってくる、お酒を覚えるとしっかり飲んでるくせに「私あの雰囲気が好きなんですよね!?」と、のたまう。女性がお酒を飲むことに賛成の方も多いと思いますし、ワインのポリフェノールが女性を引き付けて放さないということもあるようですね。酒は百薬の長とも申しますが、それにも限度があります。物には何でも適度、適量があります、「過ぎたるは及ばざるがごとし」なのであります。

それくらいお酒は魅力的なものであることは否めません、お酒に依存してしまうほど溺れる方は多いものです!男性と女性はアルコールの分解過程が違います、そして女性のほうがアルコール依存に陥りやすいし、そこからも抜け出すことは困難になってきます。アルコールは気分を高揚させドーパミンを分泌させます、ハッピーな気分にさせてくれるはずです。

同時に空腹時のアルコール摂取は血糖値を急上昇させます、すきっ腹に染み渡る!とはまさにその通りですが、その血糖値を下げようとするインスリンは糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるのです!ダイエットするならお酒はご法度なんですね。